世代を代表するモバイルショッパーとしての活躍

政府の最後の最低賃金交渉が20日から始まる。コロナ19の拡散による経済状況の悪化と最低賃金委員会27人委員のうち25人の任期が満了する変数まで生じたため、労働者側とユーザー(経営者)側は議論開始前から対立する様相だ。

12日、労働界と財界などによると、最低賃金全体会議が20日に予定された。経営界はコロナ19の影響で自営業者が苦情を経験する状況であるだけに凍結が必要だという立場だ。特にコロナ19長期化に小商工人たちの賃金支給能力が不足したせいで賃金を引き上げる場合、雇用はさらに縮小されるしかないという説明だ。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の公約のように、労働者側は最低賃金1万ウォンを主張すると予想される。最低賃金連帯会議が「今からでも時給1万ウォン公約を履行してほしい」と大統領府に促すなど、労働界の要求も殺到している。

労働界は、過去2年連続で1〜2%台に低い最低賃金引き上げ率が決定されただけに、今回の交渉で印象への期待が大きい。事実上、公益委員の選択に応じて最低賃金が決定されるように、公益委員構成方式を労使が推薦する方式に変更しようと主張している。

原文入力:2011/08/10 20:00(1616字)←文在寅政府に入って最低賃金は全て4回引き上げた。初期2年間は‘最低賃金1万ウォン’公約風に乗ってそれぞれ16.4%,10.9%という歴代級引き上げ率を記録した。以後2年間は小商工人たちが最低賃金不服運動を繰り広げるなど強く反発し、昨年はコロナ19事態まで重なり、最低賃金引き上げ率が2.9%、1.5%に低下した。

これに対し、ユーザーを代表する韓国経営者総協会は、昨年の最低賃金未満の労働者が歴代2番目に多かったという点(319万人。폰테크 未満率15.4%、統計庁経済活動人口調査基準)が示すように高まった最低賃金水準を考慮して‘当分の間最低賃金引き上げ率を安定させなければならない’という主張を行っている。

ソウルのある外食業自営業者は「コロナ19事態が長期化し売上が急落した状況に最低賃金まで引き上げれば小商工人と自営業者の負担がさらに加重されるだろう」とし「コロナ19以後売上が減少し人件費に耐えず廃業が続出する状況で来年度賃金まで引き上げれば小商工人たちが崩れるだろう」と話した。

このように、来年度の賃金交渉はコロナ19事態が仕上げ局面に入ることができるかどうかが最大の変数として挙げられる。また、雇用が景気変化に続く‘景気後行的特性’があるため、来年にコロナ19事態が波折れ景気が回復しても雇用萎縮が長期化する可能性も残っており、最低賃金を大幅に引き上げるのが容易ではないという展望も頭をもたげている。

最低賃金法施行令によると、労働部長官は、毎年3月31日までの最低賃金委員会に、次の年度の最低賃金審議を要請しなければならない。以後チェイムウィが90日以内に結論を導出すると、労働部長官は8月5日、来年度の最低賃金を最終告示する

歌手兼放送人母とイ・ジヘ、モデルチョン・ヒョクがKショッピングと、事情を申請したセレブの悩みを解決してくれる商品を選んでくれるモバイルショッパーで訪ねてくる。

Kショッピングは13日、MBCエブリワンで野心的な披露ショッピングライフスタイル分析ショー「私は毎日宅配便をはがす」プログラム制作支援に乗り出すと12日明らかにした。

昨年月に15兆ウォンを突破したオンラインショッピングの中で、スマートフォンで注文するモバイルショッピングの割合は約68%を占めるほど人気だ。「私は毎日宅配便をはがす」プログラムは、このように多くの現代人におなじみのモバイルショッピングのパターンを分析してくれてショッピングノウハウを提供して、合理的かつトレンディな消費文化を拡散するという趣旨で企画された。

Kショッピングは、このような企画のもに共感して、プログラム制作を積極的に支援することにした。プログラムMCが放送録画に先立ち、実際にKショッピングで商品を購入し、ゲストショッパーの事情に必ず合って、必要な商品を推薦してくれる。初放送では、幸せなジプコクライフを楽しむことができる歌声非良い人生システムをテーマに、様々な商品の紹介はもちろん、失敗率を減らすことができるモバイルショッピングノウハウからショッピングに有用な情報を楽に認識できるクルチプまで教えてくれる予定だ

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다