プロスポーツ選手とクラブとの契約は民法上

日本との親善Aマッチが開かれるのは、2011年8月、日本札幌で対戦した(0−3敗)以後10年ぶりだ。2011年以降は、EAFF E-1チャンピオンシップ(旧名称東亜試案カップ)だけで4回対決し、韓国が2勝1分け1敗を記録している。
歴代韓日戦通算戦績は79戦42勝23分け14敗で韓国が優位にある。 日本で行われた試合だけを計算しても30戦16勝8分け6敗も上回っている。
横浜日産スタジアムは、2002韓日ワールドカップ決勝の場所で、これまで二度韓日戦が開かれることもしていたところである。1998年3月のダイナスティーカップでは、日本に1-2で敗れ、2003年12月東亜試案カップでは0-0で引き分けた。
KFAのチョン・ハンジン事務総長は「6月に開かれる2022カタールワールドカップアジア2次予選4試合と下半期から始まるワールドカップ最終予選を控えて代表チームの競技力点検が必要な時点だ。コロナ19のために困難があるが、今後のワールドカップ予選などを考慮すると、스포츠중계 貴重なAマッチ期間を積極的に活用することを決定した」と話した。
チョン事務総長は「招集対象選手たちが所属する海外クラブにはすでに要請公文書を送って協議中だ。Kリーガーは帰国後、最初の7日間坡州NFCでコホート隔離し、残りの7日は所属チームに復帰して試合出場が可能なように、政府と協議を終えた。これに伴いKリーグ球団にも協力を要請する計画だ」と明らかにした。
被告(球団)は2015年1月21日、原告ら(選手)との契約期間は同年1月1日から2017年12月31日までに、年俸は毎年交渉で決めるプロサッカー選手契約を締結した。ところが、被告は2016年10月中旬頃、原告を2017年の電力外選手に分類するとして、他のサッカーチームに移籍を勧めながら冬季訓練に参加してもいい通知をした。
しかし、原告の他のサッカーチームへの移籍が不如意だったため、被告は2017年1月1日から原告に対する給与を全く支払わなかっただけでなく、その日からかなりの期間が経過した2017年4月頃までは、この事件契約で定められた給与交渉を全く進めなかった。
一方、被告は2017年2月23日頃、大韓サッカー連盟が定めたサッカー選手の最低年俸額に相当する2,000万ウォンずつの合意金を提示し、この事件契約の合意解約を提案したが、原告らがこれに応じなかったため、被告は4月11日と24日にこの事件契約が維持されていることを前提に原告らに2017年度年俸交渉を締結し、訓練に復帰するよう要求した。
スポーツ契約は、選手が身体的な活動を球団に提供するという点で、雇用契約と同様の面があり、また、合宿‧訓練などの団体生活が前提されるという点で、球団は選手の神の則上、保護義務があると春が妥当である。
被告は、原告にかなりの期間、上記の給与を支給していないか、体力と戦術的な技量を維持するための基本的な訓練などに参加させないことにより、原告の履行拒絶の意思を示したものと認められる。また、被告は、それとともに、原告を同じ期間中に、特別な事情なしに球団活動から排除して人格尊重、差別禁止義務と神の則上の保護義務に違反したとするので、その時点での2017。3.31.頃にこの事件契約は解約されたと春が妥当である。
さらに、被告が原告に賠償しなければならない上解約による損害賠償額は、結局原告が受けられることができた2017年の給与といえるはずなのに、原告と被告の間に2017年分の給与交渉がなされていない以上、上記損害賠償額の算定基準となる給与は、その前年度の2016年分の各給与と春が妥当である
プロスポーツ選手契約は、選手がリーグに所属する球団のために一定期間球団に所属し、球団の指示に従って試合や訓練に参加し、スポーツ選手として特有の技術を球団のために提供し、球団はそのような選手の活動と引き換えに契約上に定められた報酬を提供する契約をいう。プロスポーツ選手契約は、典型的な労務供給契約としてプロスポーツ選手が自分の労務を提供し、球団がこれに対する報酬を支給することに約定するという点で、雇用契約の性格を持つが、自分の労働力を包括的に提供する雇用契約とは異なり、プロスポーツ選手として試合出場に備える訓練と試合出場だけ任務とする点で請負契約としての性格も持っていて、ユーザーの球団の指揮や監督がなく、プロスポーツ選手の再度 量に応じて試合業務を遂行するという点で、委任契約としての性格も持っていると見ることができる。
プロスポーツ選手契約の性格に対する裁判所の立場は明確でないのに、ソウル民事地裁1985.4.3。宣告84加合1302判決では、「原告所属プロサッカーチームである大宇ロイヤルズサッカーチーム所属の選手たちは、運動部訓練合宿所で生活しながら正規リーグ期間である4月から11月までの試合日程に合わせて試合に出場し、その他の期間には、海外合宿や冬季合宿訓練など試合に備えた体力訓練をすることをその任務とし、専属契約時一人一人一人の能力に応じて、他の契約 金を受けて試合成績に応じて手当が支給される」とし、「実質的なプロサッカー選手専属契約」の法的性格は、単純な労働契約ではなく、「サッカー選手として試合出場に備える訓練と試合出場だけ任務とする請負的性格が濃く敷かれた非典型的な無名契約」と春が相当であると判示した

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다