どんなに大きな衝撃を持っているでしょうか

リバプールは昨シーズン最高の競技力で

堂々とリーグのトップに上り詰め、

攻撃陣の「マヌラ」ラインを

前面に押し出し、リバプールの攻撃的な

サッカーを見せてくれました。

ユルゲン·クロップ監督は

今シーズンも優勝に向けて

リバプール選手たちをほぼそのまま

起用しながらもう一度トロフィーを

狙いました。

なので去年の夏、移籍市場で

ティアゴ·アルカンタラとジオグ·ゾータを

迎え入れて、不足している資源を

満たしながらリーグに入りました。

リバプールは昨シーズンのように

「ゲゲンプレッシング」を前面に押し出しながら

前方圧迫攻撃サッカーをしました。

ジオグの操舵が来ると、攻撃力は

さらに増加し、ティアゴの迎え入れにより

中盤の攻撃陣形はさらに強くなるだろうと

予想したけど···。

コロナ19により短い休息後、

すぐにリーグが始まり、해외스포츠중계 選手たちの

コンディションはもちろん、コロナペンデミックまで

発生しながらたくさん走るサッカーをする

リバプールの選手たちは疲労累積がひどかったです。

そして主軸選手たちの

大きな負傷でシーズンアウトになりましたが。

代表の選手たちは

バージル·バン·ダイク、 ジョエル·マーチップ、ゴメスロ

リバプールのセンターバックの中核選手たちが

みんな重傷を負いました。

これに対してリバプールは守備力が弱くなり、

守備から始まるビルドアップはもちろん

空中ボール競合でも負ける場合が

たびたび出てきました。

ところで、クロップ監督は空いている

センターバック位置にファビニュまたはヘンダーソンを

メインに起用しながら

「ファンに衝撃を与えました。

もちろん、ファビニュとヘンダーソンが

センターバックの役割をよくやってくれました。マン

この2人の元々のポジションはMFで

中原でボール配給とビルドアップをする

選手たちに前進する性向を持った

選手たちだと思います。

しかし、クロップは彼らを起用して

守備力を補強するのかと思ったが、

彼らの短所が続々と見え始めました。

前進性の強い選手は後ろのスペースが

たくさん空いているため、相手の攻撃手たちが

守備の後ろに容易に浸透

楽にし、結局大量失点を

しているケースを見せました。

これに対し、地元マスコミでも

クロップの選手起用に批判する

話もよく出てきました。

最近リバプールがセンターバック補強を

しました。ところで…EPL経験のない

選手たちで迎え入れたら、すぐに投入が

不可能な選手たちでした。

この前のマンチェスターシティの試合で見ると

ビルドアップの状況でアリソングは

相手選手がブロック可能な位置に

ボール配給はもちろん相手選手に

直接ボールを渡しながら二の句が告げない

プレーを見せてくれました。

レスター戦でもジェイミーボディの

逆転ゴールを見ると、アリソングの判断ミスで

ゴールポストを空けて前進してクリアリングを

したのではなく、ボールを後ろに流しながら

そのままボディーにチャンスを与えながら

失点することになります

これはヘンダーソンのセンターバック起用で

アーノルドの前進力が落ちたことで

思います。

ヘンダーソンが中盤と守備サポートをしてくれて

アーノルドの積極的なオーバーラッピングが可能です。

しかし、今季はヘンダーソンがディフェンダーとして

試合を消化するとアーノルドのサポートが消えて

積極的にオーバーラッピングできなかっただろうと

考えます

アーノルドのサポーターが

急を要します

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다