일: 2021년 2월월 01일

FC포르토는 이번 대회 체력적인 긴장감 외에도 많은 부상

[홈 팀]입니다. 포르투갈의 프리메라리가가 2020·21시즌 15라운드(11승 2무 2패)를 기록한 가운데 리그 2위인 FC 포르투는 앞으로도 좋은 활약을 이어갈 것이며 스포르팅을 추구해야 하는 만큼 다시 한번 공격적으로 히우압을 흔들 것으로 기대하고 있습니다. 최근 이반 마르카노, 오타비오, 세르지우 올리베이라, 나누, 루이스 페르난도, 호마리오 바로, 윌슨 마나파, 무함마드 음바예, 에바일슨 등이 부상과 빈자리를 넘나들면서 FC포르토는 이번 대회 체력적인 […]

더보기

守備ラインを上げるなど雰囲気を変えようとした

決して後悔しないほどの試合だった。 勝利の喜びが疲れをいやしてくれたからだ。 霧が立ち込めていたロンドンスタジアムでの試合を幸福回路を回しながら修復してみる。 先発ラインアップに若干の変化が生じた。 DFにはナダニエル·フィリップスが、FWにはディボク·オリギーとジェルダン·シャキリーが久しぶりに先発出場した。 MFはベイナルドゥムが3線に配置されてボールを供給する役割をし、ティアゴとミルナーが旺盛な活動量でMFの全地域をカバーした。 もちろん、3人のMFはたまにスイッチングをしながらハーフスペースを攻略する動きを見せたりもした。 ​ リバプールは強みの側面攻撃を通じて相手を攻略した。 特に、左サイドを主に生かし、ウェストハムのDFドーソンとクパルを苦戦させた。 リバプールのフルバックが側面を持続的に攻略すると、ウェストハムはこれを防御するために守備に重きを置かざるを得なかったが、攻撃手まで守備に加担するようになったため、攻撃展開が困難になった。 また、リバプールはウェストハムを圧迫し続けることで、ウェストハムのパスのタイミングを殺すなど、攻撃のテンポを無力化させた。 ​ 予想以上に見どころがなかった前半で目立ったのは、リバプールのDFナダニエル·フィリップスだった。 フィリップスは守備的安定感、ボール競合、制空権、クリアリングまで、ウェストハムの攻撃陣、特にアントニオを相手に数回優位を見せ、前半戦を無失点に導くのに貢献した。 フィリップスは前半期、ウェストハムとの対決にも先発で出て、해외스포츠중계 良い活躍を見せたが、ロングボールを駆使するチームを相手に、良い相性を見せているフィリップスの強みをキャッチして先発に立たせたクロップ監督の眼目と知略が強く感じられた。 リバプールはミッドフィルダーの機動性とハーフスペース攻略の精巧さが劣ると、早い時間に交代を断行した。 ベテランのジェイムズ·ミルナーがアウトされ,有望株のカーティス·ジョーンズが入ってきた. ここで面白いハプニングが起きたが、早い時間交代に疑問を示したミルナーは、ジョンスが投入されて1分も経たないうちにゴールに関与すると、照れくさそうに笑って、クロップ監督を訪ねてハーギングをした。 ミルナーの その まなざしが 忘れられない(笑) ​ 後半55分、カーティス·ジョーンズが右サイドにパスしたボールをサラがコントロールし、相手のペナルティーボックスに入った。 サラは相手守備2人を前に置いて左足で蹴り上げ、ボールは放物線を描きながらゴールポストの中に吸い込まれた。 まさにサラらしいゴールだった。 サラはクリスタルパレス戦以後、リーグ6試合で無得点を破ったと同時に、リーグ14号ゴール、4シーズン連続20ゴール突破という大記録を達成した。 ​ ウェストハムは失点直後に交代に踏み切り、守備ラインを上げるなど雰囲気を変えようとした。 制空圏に強みがあるだけに、コーナーキック状況のようなセットピースを作って同点ゴールを狙おうとした。 しかし、後半67分、ウェストハムのコーナーキックを奪ったリバプールが早い逆襲を展開して追加ゴールを決めた。 アーノルドが左側面を横切って走るシャキリーにロングパスをし、シャキリーも前方にいるサラにノンストップでロングパスをした。 サラは右足を見事にトラップし,左足で軽くゴールポストにけり込んだ. 実に感嘆を連発するほど、まさに「逆襲スペシャル」に出てきそうなすばらしいゴールシーンだった

더보기