最低金利など要らない超簡単な方法

流動性が多くなり、金利が下がり、不動産や株式に資金が殺到し始めた。

そのため金融当局は高額信用融資に歯止めをかけようとしている。

一定金額以上の信用ローンについては返済方法が許されない旨の陳述をしました。

リスクを防ぐのもいいが、金融圏に過度な規制が加えられているという見方も少なくない。

すでに投機過熱地区または規制地域内の統制区域に対するLTV制限から規制されていない地域に至るまで、最も規制が厳しい住宅担保融資が行われた。

年功序列と従属をどのように計算するのか、そして限度をどのように確認して利率を比較するのかを調べてみよう。


韓国はコロナによる世界的な景気低迷を避けられなかった。

誰もが低金利の状況に投資し、自宅を建てるためにローンを利用する気になるだろう。

特に最低金利で固定金利商品を利用すれば、最低3~5年間基準金利が上昇しても負担が大きい。

多くの人々が転職条件を受けられるので運営してきた.

しかし、規制地域と賃貸借法の症状がこじれ、住宅価格が暴騰し始めた。

ホームレスがむしろ苦しむ現在だ。


融資を受ける時、最も優先順位が高いのは、「自分が必要な資金を最大限融資できるか」だ。

5000万ウォンが必要だが、融資がだめなら、借金を返済しなくてもよい。

最大金額を計算することは簡単です。

マンションの価格にLTVをかけ、登録表に書かれた設定額を差し引くと限度額が計算されます。


例を一つ挙げると

マンション価格が5億ウォン、先順位融資元金が2億ウォンの場合、登記で決めた金額は2億4000万ウォンになる。

「これからは、劣後住宅ローンの最大金額を確認するため、現地のLTVを調べなければなりません。

規制地域であれば30~50%、비대면폰테크 規制地域であれば70%を乗算する。

非規制地域は3億5000万ウォン、調整地域は2億5000万ウォン、投機過熱地区は最大2億ウォンになる。

最大限度内で設定された金額を除いた残りの金額は、従属住宅ローンの使用可能金額になるだろう。

非規制地域は、調整地域が1億1000万ウォン、投機過熱地区は1000万ウォンが限度に達しない。


上記のように、規制地域においては、劣後担保貸付限度額が不足するケースが多い。

副次的な住宅担保融資とは違って、先順位転入金は決まった金額ではなく、元金を除いた金額が算定される。

先ほど聞いた例では、元金ベースと設定額に差が4000万ウォンほど出ますので、限度額が4000万ウォンほどお得です。

これを活用し、年功序列を移転して追加資金を確保するケースが多い。

また、金融消費者である顧客の環境によって変化が多い。

無住宅者やマルチテナント(Multi-tenant)の時に使う金融会社は銀行、資本、貸付業、住宅担保融資などです。

多様な変数に対応した金融会社を選定し、収益型商品を選んで活用するのがカギとなる。


簡単に見ると、先の浦項地震以後、浦項地域の住宅価格が暴落した。

競売が急落したうえ、地域経済が低迷し、住宅価値が担保としてあまりにも低くなった。

浦項地域では各金融会社ごとに住宅担保融資に対する制限があった。

それだけ金融会社は現地のイシューと変化によって非常に早く動いている。

上述の政府標準に基づく最大めっき額、

現実的に金融機関の条件と限界によっていくらでも変化し得ると考えなければならない

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다